会社設立は何人からできるの?

 

・会社設立は何人から?
会社設立を考えている人の中には、「そもそも何人からできるのかな」と思っている人も多いのではないでしょうか。
実際に会社設立をする場合、人数に関しては特に決められているわけではありません。
もちろん、中小企業か大企業かによって、人数の定義というのは決まっています。
しかし、そもそも会社設立の際に「役員は何人ですか?」「社員は何人ですか?」と聞かれるということは、ほとんどないと思って良いです。
当然、経営や運営に関わる役員などは決めなくてはなりません。
しかし、社員の数まですべて最初に決めておくという必要はないのです。
そもそも最初は1人で経営・運営を行い、後々に人材採用を行って社員を増やしていくということも多いです。
そのため、会社設立の段階で社員がいるという方が、稀だと言えるでしょう。
もちろん、個人事業主やフリーランスの方も多い昨今、1人であっても起業することは可能です。
起業というよりは開業に近いかもしれませんね。

 

・予算に応じて人材募集
会社設立を行う際、仕事によっては人手が必要となるかもしれません。
そういう場合は、事前に人材募集を行って、社員を集めておくということも必要です。
もちろん状況は人によってそれぞれ違っていて、例えばもともとある企業に勤めていて、そこから何人か引き抜いて会社にするということもあるでしょう。
その他、自分だけでまずはやっていくということもあるかもしれません。
そこは予算に応じて人材募集なども行い、社員に関しては確保していくことが必要です。
ただ、必ずしも社員に関しては「何人から」と決まっているわけではないので、そこは安心してください。
それこそ、近年はITの進化によって一人親方でやっている方も多いです。
自分の事業内容によっても変わってくるので、人材が必要な場合のみ、しっかりと考えて募集していくことが必要となってきます。
ただ、大きな会社や企業になってくると、役員なども重要となってきます。
そういう役員に関しては、会社設立の際に出資した人などがなることが多いです。
資金源となる役員がいることで成り立っている会社もあるので、そこは注意が必要となってきます。

 

・人数を把握するのも国の役目
当然ながら人材を採用した場合は、その人数もしっかりと把握しておくことが重要です。
特に国では雇用率の算出を行い、失業率なども計算しているため、人数の把握に関しても大切な役目となっています。
それらの点も加味して、会社設立を行っていきましょう。