会社設立は何人からできるの?

 

・会社設立は何人から?
会社設立を考えている人の中には、「そもそも何人からできるのかな」と思っている人も多いのではないでしょうか。
実際に会社設立をする場合、人数に関しては特に決められているわけではありません。
もちろん、中小企業か大企業かによって、人数の定義というのは決まっています。
しかし、そもそも会社設立の際に「役員は何人ですか?」「社員は何人ですか?」と聞かれるということは、ほとんどないと思って良いです。
当然、経営や運営に関わる役員などは決めなくてはなりません。
しかし、社員の数まですべて最初に決めておくという必要はないのです。
そもそも最初は1人で経営・運営を行い、後々に人材採用を行って社員を増やしていくということも多いです。
そのため、会社設立の段階で社員がいるという方が、稀だと言えるでしょう。
もちろん、個人事業主やフリーランスの方も多い昨今、1人であっても起業することは可能です。
起業というよりは開業に近いかもしれませんね。

 

・予算に応じて人材募集
会社設立を行う際、仕事によっては人手が必要となるかもしれません。
そういう場合は、事前に人材募集を行って、社員を集めておくということも必要です。
もちろん状況は人によってそれぞれ違っていて、例えばもともとある企業に勤めていて、そこから何人か引き抜いて会社にするということもあるでしょう。
その他、自分だけでまずはやっていくということもあるかもしれません。
そこは予算に応じて人材募集なども行い、社員に関しては確保していくことが必要です。
ただ、必ずしも社員に関しては「何人から」と決まっているわけではないので、そこは安心してください。
それこそ、近年はITの進化によって一人親方でやっている方も多いです。
自分の事業内容によっても変わってくるので、人材が必要な場合のみ、しっかりと考えて募集していくことが必要となってきます。
ただ、大きな会社や企業になってくると、役員なども重要となってきます。
そういう役員に関しては、会社設立の際に出資した人などがなることが多いです。
資金源となる役員がいることで成り立っている会社もあるので、そこは注意が必要となってきます。

 

・人数を把握するのも国の役目
当然ながら人材を採用した場合は、その人数もしっかりと把握しておくことが重要です。
特に国では雇用率の算出を行い、失業率なども計算しているため、人数の把握に関しても大切な役目となっています。
それらの点も加味して、会社設立を行っていきましょう。

会社設立で決める給与支払

 

会社設立をする際、給与支払についても考えていくことが必要です。
給与というのは、会社設立後に働く社員やスタッフ、従業員に支払うものとなります。
近年は個人事業主やフリーランスに外注するということも多いですが、その場合でも外注費というのが必要となってきます。
結局のところ、働いてもらうためにはそれに対する対価というのが必要となるのです。
企業でその名目として使っているのが給与です。
当然ですが、給与支払を怠っていると労働者から訴えられてもおかしくありません。
安定して経営・運営を続けていくためには、労働者の力が必要不可欠です。
そこを理解して、しっかりと予算の中から給与も捻出していくことが必要となります。
昔は会社設立当初は軌道に乗らないこともあり、「給与の支払いはちょっと待ってくれ」ということもできたかもしれません。
しかし、近年はより労働者の権利が強くなっているため、訴えられればほぼ負けてしまいます。
当然のように労働してもらったからには、給与支払も必要となることを覚えておきましょう。

ただ、給与というのは基本給だけではないのが厄介なところです。
基本給というのは、その労働者が提供する労働に対して、基本となる給与のことです。
しかし、実際には残業をしたりすることもあれば、特別に危険な仕事をすることもあるかもしれません。
そうなった場合は、残業代はもちろんですが、特別手当なども支給しなくてはなりません。
さらに、企業として業績が良い場合には、ボーナスなどの支払いも必要です。
賞与に関しては具体的に「必ず支給しなくてはならない」という決まりがあるわけではないので、近年はボーナスがないところもあります。
しかし、やはり働く人のことを考えると、還元の意味でも賞与はあった方が良いです。
つまり、会社設立後は給与に関連する出費がとても多くなるということです。
事実、多くの企業や会社は、そういう人件費に足を引っ張られています。
ただ、こればかりは当然の権利として必要となってくるものなので、しっかりと確保できるようにしていくことが必要です。

近年は特に労働者不足に陥っているところも多いです。
その原因の1つとなっているのが、給与支払と言えるでしょう。
働く人が権利を主張するようになってから、よりその傾向は強くなっています。
当然、時間という人生を使っているのだから、それに見合った対価は支払う必要があります。
そこも考えて対処していきたいところですね。

会社設立時のハローワーク活用法

 

会社設立後の人材集めは、ハローワークを活用すれば、無料で求人を出すことができます。
予算が少ない起業したての頃は、ハローワークを大変重宝します。
そんなハローワークですが、会社設立時に労働者を雇た場合、ハローワークに届け出なければならない書類があります。
今回は、会社設立で利用する機会が増える税務署や役所、ハローワークの手続きに関係する内容を紹介したいと思います。

まずハローワークの前に、色々な機関に提出すべき書類がいくつかあります。
一番先に提出したほうが良いのは、税務署に提出する法人設立届出書、給与支払事務所等の開設届書、青色申告承認申請書です。
青色申告承認申請書は義務ではないですが、大体の事業者は節税メリットが大きいため、こちらの書類を提出して青色申告を行います。

次に重要になるのが都道府県税事務所です。
こちらにも、税務署と同じように法人設立届出書を提出します。
次は、市町村役場に提出する書類ですが、こちらも法人設立届出書を提出します。
ただし、東京23区内に会社を設立する場合は、こちらの提出が不要になります。

次は、日本年金機構に提出する書類です。
健康保険・厚生年金保険新規適用届書という書類で、こちらは従業員を雇用しない場合でも、必ず提出しないといけない書類になります。
従業員を雇用した場合は、健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届書を提出しなくてはいけません。

続いては、労働基準監督署に提出する書類です。
労働基準監督署には、労働保険保険関係成立書と、労働保険概算保険料申告書などを提出することになります
あと労働者を雇う場合は、適用事業報告書も提出する必要があります。

これらの書類を提出した後、いよいよハローワークに書類を提出します。
ハローワークに提出する書類は、雇用保険適用事業所設置届と、雇用保険被保険者資格取得届の2つを提出することになります。

このように、会社設立後の方が、むしろ登記をする時よりもはるかに提出すべき書類が多くなりますので、忘れないようひとつずつ手続きを片付けて行かなければなりません。
とはいえ、自分一人、もしくは少人数で会社を回しているようなケースでは、なかなか本業が忙しくて手続きを行うことに、時間を割けないケースもあるのではないでしょうか?

そういう場合は、委任状を書いて、代理人業者に依頼をすることで、代わりに手続きをやってもらうことができます。
自分でやるよりもはるかに労力を減らすことができ、書類の抜けや手続きミスなどもありません。
非常に効率の良い時短になりますので、お金に余裕がある人は、専門の業者に依頼をするといいでしょう。

会社設立を最短でおこなう方法

 

会社設立を考えている方の中には「できれば最短で設立したい」と思っている方も多いでしょう。
確かに、会社設立だけに足を取られて時間をロスしてしまうのはもったいないです。

実際に最短で会社設立までにかかる期間としては、書類などを諸々集めるのと資金を諸々集めるのとで、最低でも数週間から数か月はかかると思っておきましょう。
もちろん、すべて揃っている方は、管轄の税務署や公証役場、その他の機関に申請すれば通ります。
ただ、実際には足を取られてしまうことも多く、なかなかスムーズに行かないことが多いです。

最短でどうしても会社設立をおこないたいということであれば、専門家の力を活用していくことをおすすめします。
専門家というのは、いわゆる司法書士や行政書士、社労士や税理士などです。
上手に活用すればかなり役立つことが多く、手間や面倒になる作業もすべて代行してくれます。

専門家の力を借りれば、ミスもなくスムーズに会社設立を進めていくことができるでしょう。
事実、専門家というのはそれぞれの分野に特化しているので、ミスもほとんどありません。

例えば、会社設立をしたことがない人が申請を使用と思っても、どこかしらで必ずと言って良いほどミスが発覚します。
それが発覚すれば、修正してまた提出し直して、そこからまた検査して審査して、より時間もかかるでしょう。

それなら、最初から専門家に相談して、すべて代行してもらった方が最短で会社設立が可能です。
ただ、もちろん専門家に相談する場合は費用もかかるので、無駄な費用をかけたくない場合は自力で勉強して申請するのが良いです。
ただ、それでも時間的な面やコスト的な面を考えると、専門家にした方が費用対効果も大きいと言えます。
後々相談できることも考えると、むしろ専門家を使った方が良いと言えるかもしれません。

ただ、あまり事業計画もせず最短で会社を設立してしまうと、より難しいことも出てきます。
そこはしっかりと考えて対応していくことが必要となるのではないでしょうか。

近年は会社設立だけならとても簡単にできるようになりました。
昔に比べて会社法も緩和され、よりチャンスは多くなっていると言えるでしょう。
しかし、だからこそ気を付けておくべきことも増えています。
まずはしっかり事業計画を練り、会社設立後にどうやって事業を安定させていくかという点も考えておくことが必要となるでしょうね。

会社設立時に決める役員報酬などについての相談は?

会社設立して事業をスタートする時に、書類提出や資本金の調達など様々な手続きや準備が必要となります。
そうした中でも特に気にかけておきたいことが税金対策で、個人で運営するのと違って、税務署に認証してもらわなければならないため記帳や管理がより複雑になってきます。
また、払う金額も大きくなってくるので、できる限り適切な対策を行って税金を抑えることも、会社設立後の経営をスムーズに展開する鍵のひとつとなります。
“会社設立時に決める役員報酬などについての相談は?” の続きを読む

目安のない会社設立時の役員報酬を決めるのなら

この事業は儲かる、このビジネスモデルなら人の役に立てるなどと考えて、事業計画を立て会社設立を検討する方もいます。
ただ、予想していた通りに事業が成功するとは限らないもので、会社設立後の収益の見極めは難しいです。
その為、人件費の設定で悩むこともあって、特に目安がわかりづらいのが役員報酬で、どのようにして決定したいのか大きな悩みになります。
“目安のない会社設立時の役員報酬を決めるのなら” の続きを読む

会社設立後の役員報酬の支払いの注意点を例から理解する

役員報酬というのは役員に対して支給する報酬ですが、単に現金だけではなく形式に関係なく役員に支給される経済的利益も含まれるのです。
その為、例えば役員への貸付の免除や慰安旅行代金を会社経費にしたりした場合に報酬としてカウントされる可能性があるのです。
ですから、会社を私物化しているとみられてしまう可能性がある費用の使い方をしていると、それらを役員報酬と認定されてしまうこともあると理解しておく必要があります。
“会社設立後の役員報酬の支払いの注意点を例から理解する” の続きを読む

会社設立後の役員報酬を決める際の注意点は?

役員報酬は会社にとって大きな費用になりますし、会社が支払う法人税や社長自身の所得税に対しても大きく影響します。
また、会社の資金繰りについても大きく影響してくることなので、会社設立後の役員報酬の決め方はと重要なことです。
そこで、会社設立に伴って役員報酬を決める際に、どのような注意点があるのかをしっかりと理解しておくことが大事です。
“会社設立後の役員報酬を決める際の注意点は?” の続きを読む

会社設立後の役員報酬はいつまでの期間変更が可能なのか?

役員報酬には決め方やいつまで決めなくてはならないといったルールがありますし、変更できるケースなどについてもルールがあります。
税務上役員報酬が損金として扱われるのは、毎月一定額を支払う定期同額給与、事前に税務署への届け出が必要な事前確定届出給与、大会社にのみ認められている利益に応じて支払う利益連動給与の3種類です。
“会社設立後の役員報酬はいつまでの期間変更が可能なのか?” の続きを読む

会社設立後の役員報酬はいつから支払うことになるのか?

会社設立すると個人事業と違って会社から給料を支払ってもらうことになって、会社の役員が受け取る給料が役員報酬です。
従業員に支給する給料は自由に設定することができますが、役員報酬には金額を決める時期やいつから払うのかなど、様々なルールがあります。
会社設立する際には、自身の役員報酬にも関係してくるので、このルールをしっかりと理解しておく必要もあります。
“会社設立後の役員報酬はいつから支払うことになるのか?” の続きを読む