会社設立後の役員報酬はいつから支払うことになるのか?

会社設立すると個人事業と違って会社から給料を支払ってもらうことになって、会社の役員が受け取る給料が役員報酬です。
従業員に支給する給料は自由に設定することができますが、役員報酬には金額を決める時期やいつから払うのかなど、様々なルールがあります。
会社設立する際には、自身の役員報酬にも関係してくるので、このルールをしっかりと理解しておく必要もあります。

会社設立後すぐに役員報酬を支払うようにするケースもありますし、スタートしたばかりは余裕がないのでとりあえず報酬はなしというケースもあります。
会社設立したらいつから役員報酬を払うのかというと、役員報酬は基本的に会社設立から3ヶ月以内に決定するというルールがあります。
その為、例えば3月に設立した場合は3ヶ月以内なので、6月までに株主総会を開催して役員報酬の金額を決定する必要があって、そこから決定した金額を毎月支払うことになります。
ですから、3月設立なので3月から役員報酬を支給しても良いですし、3月・4月は支給額を0と決議して、5月から毎月定額を支給するというパターンでも良いのです。
つまり、3ヶ月以内ならいつからでも支給することができるのです。

会社設立後いつから役員報酬を支給するのかは理解できたでしょうが、考えていた以上に会社の業績が良く利益が出そうなので、役員報酬を増やしたいとか賞与という形で支払いたいと考えることもあります。
ただ、このように利益が出たからといって、事業年度の途中で役員報酬を増やしたり、役員に賞与を支払ったりすることは税法上経費とするためには基本的できないのです。

つまり、役員報酬を会社設立後3ヶ月以内に決めた後は、少なくとも事業年度終了するまでは同じ額での支給する必要があります。
そうしないと経費として取り扱うことができないので、いつからいつまでは変更できないのかということを知っておく必要があります。
2年目以降の役員報酬については、事業年度開始日から3ヶ月以内の株主総会などのタイミングで変更することになります。